獺祭が大雨で製造不能!価格高騰か!?

人気の日本酒、獺祭ですが、大雨の影響で蔵が浸水し、製造不能になったそうです。

漢字は、獺祭(だっさい)と読みます。

大雨で本社蔵が浸水、冷蔵設備などが停電で使えなくなったそうです。

人気日本酒「獺祭」、製造不能に 山口の蔵が大雨で浸水
ヤフーニュース(朝日新聞デジタル)より

このニュースを見た瞬間に「獺祭はプレ値になる可能性がある」と、それしか思い浮かびませんでした(笑)

製造不能になったことで、獺祭の価格が上がる可能性は高いと思います。

復旧の見通しはたっていないということで、雨が止んで水が引かないとどうにもならないと思います。

行動が早い人だと、既に獺祭の回収に動いている人もいるかもしれませんね。

先日も、サントリーの白州12年、響17年というウイスキーが販売休止ということで、価格高騰という記事を書きましたが、それと似たような状況ですね。

製造されなくなれば、供給が絶たれ、価格が上がります。特に獺祭は人気の日本酒ということで、値上がりする可能性は高いでしょう。

獺祭は山口県岩国市の旭酒造が製造販売している日本酒で、日本人のみならず、外国人にも人気の日本酒です。中国人が買占めている話もあります。

かなり有名な日本酒ですよね。

ビックカメラでもお酒を扱っている店舗なら、獺祭を売っています。

転売目的でなくても、獺祭を自分用に購入しておくのもいいかも知れませんね。

お酒を飲む人なら、2、3本あっても困らないでしょう。

獺祭の仕入れ、ぜひ検討してみてください。

何かあったら今後も、せどり商品情報をお届けしますね!

※ 酒類の販売には免許が必要です。

この記事をシェアする