アマゾンのポイントは付けたほうがいいのか?

今日は、アマゾンのポイントについて書いてみたいと思います。

アマゾンマーケットプレイスで販売する場合、Amazonポイントを付与することができます。

ざっと見たところ、Amazonポイントを付けているセラーさんは多いですね。

ボクもAmazonポイントを付与して販売することが多いです。

必ずではありませんが、商品ごとに判断して、ポイント付与といった感じです。

同価格の場合、Amazonポイントを付与しているほうがカート取得に有利です。

例えば、価格2,980円と価格2,980円+Amazonポイント10pだったら、価格2,980円+Amazonポイント10pがカートを取得できます。

カート取得のアルゴリズムは公開されていませんが、価格調整したり、ポイント付与してみたり、いろいろ試してみれば、カート取得の仕組みがだいたい分かります。

ポイント分が実質値引きになりますから、理屈としても納得できますね。

自動価格改定ツールでも、Amazonポイント付与に対応しています。

ボクは自動価格改定ツールとして、マカド!を使っていますが、Amazonポイント込みで価格調整してくれるので、とても助かっています。

ライバルがAmazonポイントを付与してきても、こちらもAmazonポイントを付与して、価格を合わせてくれるのです。

マカド!の詳細はこちら

とても便利なツールなので、おすすめです。

なかには、Amazonポイントを付与しないセラーさんもいます。

設定の仕方が分からないのか、そういう方針なのかは分かりません(笑)

Amazonポイントを付与しないと、ライバルセラーがAmazonポイントを付けてきた場合、カート取得ができず、機会損失が発生します。

こうした機会損失を減らすためにも、マカド!が必要なのです。

また、Amazonポイントを付与すると、視認性が上がります。

販売者一覧では、表示上Amazonポイントの分だけ1行増えますから、少しだけ、目に付くようになると思います。

あとは、顧客目線で見ても、ポイントが貰えたほうがいいですよね。

ポイント付与で購買意欲を刺激するというわけです。

転売・せどり仕入れでも、ショップポイントの有無は大きいですから、ポイントのお得感は理解できると思います。

まとめると、「Amazonポイントは付与したほうがいい」ということです。

理由は3つあります。

カート取得に有利
視認性が上がる
購買意欲を刺激

すべての商品ではなく、臨機応変に判断してAmazonポイントを付与したほうがいいと思います。ボクはそうしてます。

Amazonポイントの設定方法は簡単です。在庫管理の画面からAmazonポイントを設定することができます。

セラーさんによっては、在庫管理にAmazonポイントの欄が表示されていない場合があります。

その場合は、右上にある「設定:非表示 ○項目」というボタンから、Amazonポイントを在庫管理の画面に表示するように設定できます。

アマゾンマーケットプレイスでの販売において、Amazonポイント付与は、必須と言えます。

まだ利用したことない人は、Amazonポイントを設定してみてくださいね。

この記事をシェアする