アマゾン輸出ってどうなの?稼げるの?

せどらーさんのなかには、輸出ってどうなの?稼げるの?と思う人も多いと思います。今日は、アマゾン輸出の話をしたいと思います。

何年か前に、ボクはアマゾン輸出をやっていたことがあります。ちょうど円高から円安になった時期で、米国アマゾンで日本の商品をFBAを利用して販売をしていました。

アメリカは日本よりも人口が多いですし、当然のことながら、アマゾンの認知度は高いので、商品は飛ぶように売れました。Amazon.comといえば、アマゾンの本家ですからね。日本製の商品は評価が高いです。品質や機能性が評価されています。ジャンルとしては、文房具やキッチン用品、家電、ゲーム、フィギュア等がよく売れます。あと、ダイソーなど100円ショップの商品も人気です。

日本だと当たり前のように売ってる商品でも、海外では販売されていない、または価格が高いことが多いのです。どこの国でも似たようなものですが、外国ってロクなもん売ってないですから(笑)

円安の流れもあり、米国アマゾン輸出を始めてから1、2ヶ月程で月商100万円を超え、月商200万円達成も簡単でした。

ただ、問題が一つあって、返品が多かったですね。返品率は5%を超えていたと思います。返品率は取り扱っている商品により、差はあると思います。

返品理由としては、defective(不良品)が多かったです。ただ、返品された商品現物の動作確認をすると、不良品ではなく、全く問題のないことも多かったです。ただ、気に入らないから返品しただけですね。もちろん、返品理由として、unwanted(不要)もありました。少ないですけど、あきらかなスリ換えもありましたね。開封済み、使用済みでも返品され、FBAなので100%全額返金の場合が多く、キツイかったです。

返品が多かったのと価格の下落がひどかったので、アメリカのアマゾンでの販売は辞めてしまったのですが、ライバル業者も撤退しているところが多かったです。当時、大手家電量販店のラオックスが新規出店していたのですが、しばらくしたら見なくなったので、撤退したようです(笑)ちなみに、ラオックスは日本からの自己発送で販売していました。

あとは、問い合わせも日本のアマゾンよりも多いです。発送に関する問い合わせが多かったですね。FBAでの販売でしたが、日本の製品や日本の業者だからか、勘違いをして、日本から発送すると思っている人が結構いました。

せどりをやっていて、日本のアマゾンで販売するだけでなく、販路を世界に広げたいという人には、輸出は大変おすすめです。アマゾンはアメリカだけでなく、ヨーロッパにもありますし、最近では、オーストラリアにもアマゾンがオープンしました。また、eBayなどの販路もありますから、いくらでも広げられます。ボクも余裕ができたら、輸出は再チャレンジしたいと思っています。

この記事をシェアする