佐川急便の荷物追跡「営業所へお問い合わせください」とは?

今日は、佐川急便の荷物追跡で、荷物が届かずにステータスが「お問い合わせ」になったときのことを書いてみようと思います。

8月3日に佐川急便で発送した荷物が数日経っても、FBA倉庫に届かないので、佐川急便のサイトで、お荷物問い合わせサービスにて追跡してみました。

お問い合わせ送り状No.を入力して追跡してみると、「最新荷物状況」の欄が「営業所にお問い合わせください。」となっています。

お届け予定と再配達希望日時は、記載がありません。

通常は配達完了しているとか、どこかの営業所で止まっているとか、ステータスが分かりますが、このような画面は見たことがありません。

出荷日や集荷営業所、配達営業所は記載があるので、一度はバーコードスキャンされたということが分かります。

ネットで検索して調べてみると、佐川急便の追跡でステータス「お問い合わせ」の場合、原因や理由としては、荷物に何らかのトラブルが発生したケースがほとんどのようです。

例えば、荷物が行方不明、荷物の破損や紛失、配達の遅延などです。

それで、千葉営業所に電話で問い合わせてみたところ、アマゾンのFBA倉庫のほうで、規定外梱包のため受取拒否されていたということが判明しました。

それで、荷物は発送元の住所に戻されるとのことでした。

配達と違って、戻すのは少し時間がかかるみたいですね。

発送代行の業者にFBA納品を任せているので、実際にどういった梱包がなされていたのかは、まだ分かりません。

おそらく、ダンボールのサイズオーバーかなと予想しています。

アマゾンFBA倉庫側で荷物の受取拒否のケースがあるのは、以前から知っていましたが、ボクが実際に経験するのは初めてでした。

まあ、荷物が届かない原因が分かったので、スッキリしました。

もし、荷物の破損や紛失だったら損害額が大きくなったかもしれないので、よかったです。

今回の件は、アマゾンからは、荷物の受取拒否について、セラーセントラルの通知やメールが来ていなかったので、佐川急便に問い合わせるまで、気づかなかったのです。

なお、問い合わせする営業所は、集荷営業所、配達営業所のどちらでもいいようです。

今回は佐川急便の集荷営業所に問い合わせてみましたが、きちんと対応してもらえました。

アマゾン側で荷物の受取拒否された場合、ゆうパックやクロネコヤマトなどでは、ステータス表記が違うかもしれませんが、参考にしてみてくださいね。

それと、規定外の梱包には気をつけましょう(笑)

この記事をシェアする