アマゾンのキャッシュレス・ポイント還元事業

今日は、アマゾンのキャッシュレス・ポイント還元事業について書いてみます。

2019年10月1日から消費税率が8%から10%になり、キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)が始まりました。

アマゾンでは赤いロゴで「5%還元」と表示されるので、かなり目立ちますね。

キャッシュレス還元対象かどうかで、売上に大きく影響すると思います。

せどりをやっている個人事業主、法人ともに中小規模事業者に該当する場合がほとんどだと思います。

ざっと見たところ、「5%還元」のロゴが付いていない業者が多いかなという印象です。

まだ申し込んでいないのか、10月1日の開始時期に間に合わず、審査完了や登録完了まで進んでいないのかは分かりませんが。

アマゾンからキャッシュレス・ポイント還元事業のメールが来ていたと思うので、まだ申し込んでいない人は、早めに申し込んでおいたほうがいいですよ。

出品者の負担としては、申し込みフォームの記入くらいで、あとはアマゾンがやってくれるので、かなり楽チンです。

キャッシュレス・ポイント還元事業の公式サイトによれば、9月6日までに決済事業者から必要書類等が事務局まで届いていれば、10月1日の開始までに間に合うと書いてあります。

このことから、キャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店登録申請の審査期間や承認までにかかる時間は、1ヶ月程度はかかると予想できます。

キャッシュレス・ポイント還元事業の公式サイト

10月1日以降でも申し込みは可能なので、キャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店になるには、どのくらいかかるのか気になる人は参考にしてみてください。

アマゾンのカート取得については、キャッシュレス還元対象かどうかは、いまのところ関係なさそうです。

キャッシュレス還元対象でない事業者でも、普通にカートが取れています。

消費税がアップ後でも、キャッシュレス還元対象のショップから買えば、お得なのでしばらくは、キャッシュレス・ポイント還元事業恩恵を受けることができますね。

以上、Amazonのキャッシュレス・ポイント還元事業について書いてみました。

この記事をシェアする