フィギュアの真贋調査でアカウント停止!?

アマゾンのセラーフォーラムに「突然のアカウント停止に何も手につきません」というトピックがあがっていました。

話題のセラーフォーラムはこちら
※ 別ウインドウで開きます。

出品者が数年前に購入した私物のフィギュアを出品したところ、アマゾンから真贋調査がきたようです。

このケースでは、まだ販売していない状態で、真贋調査になっているのがポイントですね。AIのシステムでひっかかったのか、真相は不明です。購入者からのクレームではないことは確かです。

メーカーからのクレームも考えられますが、コンディションは中古品で出品していたということで、興味深い事例です。最近は、メーカーが転売対策をするのも珍しくないですからね。

個人的には、領収書や納品書などがなくて、正規の仕入れであることを証明できないのなら、フィギュアをアマゾンで販売しないほうがいいと考えています。ボクはフィギュアはアマゾンでの販売はしていません。

ヤフオクやメルカリなどで個人から買った商品は特に危険だと思います。実際に偽物かもしれませんし(笑)

もちろん、リスクを承知のうえで、個人から仕入れて、アマゾンに出品するのは、かまわないですけどね。せどり・転売で稼ぐには、リスクを負うことは必要ですし、攻めの姿勢もプラスになります。

ただ、何の対策もなしに仕入れて出品、真贋調査でアカウント停止になり、路頭に迷うのは馬鹿げていると思います。アカウントスペシャリストは融通が利かないですから。

せどり・転売れでフィギュアを販売するなら、アマゾン以外の販路にしたほうが懸命かと思います。やはり、正規の仕入れや他販路の確保は重要性を増してきています。

アカウント停止の対策については、商材の購入特典として、付けようかと考えています。

この記事をシェアする